幼児・子ども英語教育の必要性とは

Learning by Playing and Doing

遊び・実践(体験)を通して学び、創造性豊かで探求心あふれる心を育てる

 

    kids2.JPG 

 

みなさんはバイリンガルを育てるには、どのような条件や環境が必要だと思いますか。

 

もちろん、どの教育法も子供との相性であったり、環境であったりと1人1人条件が異なりますが、その教育法の成功確率を最大限に引き上げることは可能です。

 

語学教育に関しては、特に生後6カ月〜10歳ごろの子供の脳は言語を習得するためのベストな時期だと言われています。※0歳~6歳まではゴールデン時期とも呼ばれています。

 

この時期に質の良い英語をどれだけ多く英語環境にいられるか、そしてどれだけインプット・アウトプットができるかどうかでバイリンガルになる確率が大きく変わってきます。

 

English Spot では 『Learning by Playing and Doing』 遊びと実践(体験)を通して、子どもたちの英語力はもちろん、探求心、探求心、個性、自主性・社会性・心など多方面からアプローチします。

また、独創的なアクティビティーを通して、想像力や創造力などの英語以外の様々なスキルも自然に、楽しく学ぶことができます。

 

小人数制でアットホームなスクールで、子どもたちが自分のペースで無理なく楽しく続けられます。

 

 

English Spot

教育理念・方針

 

 探究心

  好奇心  

 子どもたちが海外文化、英語への興味を最大限に引き出すためのサポートする

 子どもたちの発信、共有の場を設け、自由で柔軟な発想を促す

 小人数制クラスの特徴を活かし、子どもたちと向き合う時間の確保に努め学習をサポートする

個性

自主性

 子どもたち自ら考え、行動できるようサポートする

 子どものやる気を尊重し、モチベーションや自尊心を高められるようサポートする

 社会性 

 子どもたち同士の協調性、コミュニケーションを促す

 外国人の先生やお友達など多様な文化と関わり、人間関係の範囲を広げられるようサポートする

 お友達同士でのトラブルなどが解決ができるよう見守り、必要時は解決策を導きだす手助けする

 ルールを守る必要性やその大切さを指導する

     心

 子どもたちが感情表現ができる環境づくりに努める

 違いを受け入れられる、相手の立場に立って考えられる、思いやりのある行動を促す